2012/03/11

あれから1年

東日本大震災から1年。そういえば最近ブログ更新していなかったということで、簡単ながらエントリーを投稿します。
私自身の居住自治体は放射性物質汚染対処特措法の汚染状況重点調査地域に含まれていますし、親族等が津波の被災地域にいる関係で色々生々しい話も聞きました。そして思ったこと、考えたことを書き連ねていきます。
日本人はリスク回避志向と言われています。しかしながら日本に居住するという時点で巨大なリスクを抱えていることを改めてつきつけられました。日本人はリスク回避志向なのではなく、すでに十分なリスクを抱えています。その様な環境のもとでは、不確実性の持つ正の側面に目を向けてチャンスと捉えるよりは、不確実性の持つ負の側面に目を向けて生き残りを図るという傾向が生まれるのは当然のことです。
ここで問題になるのはリスクというのは無くすことは出来ないということ。どんなに管理、制御しようとしても姿形を変えることができただけ。例えば、いま復興の遅れが指摘されていますが、結局災害に対する十全な備えと、迅速な生活再建という、トレード・オフの関係にある目標の間で、どのようにすればいいかのか合意形成が難航していることにあります。何らかの評価尺度に基づいて決めるということは、同時に評価尺度に盛り込まれなかった事項は考慮しなくても構わないという決定を下したということを意味します。そして、現在復興に関して決定を遅らせているのは、何を考慮すべきか、その重み付けをどうするかの合意形成が困難を極めているから。平時の都市計画でも合意形成に難航を極めていましたから、復興計画が現状のような自体になることを予想された専門家の方も多かったのではないでしょうか。
不確実性のある状況下でどのように意思決定を行うのか、リスク管理に携わっていた時からの問題だったのですが、改めて私自身の課題としてみたいと思っています。